特殊メタルについて工場案内製品案内お問い合せ
製品案内
   
鋳鉄工場
熱機械分析装置
熱機械分析装置

高合金系材質を製造するメーカーとして特に低膨張材へのこだわりから自社にて膨張率を測定し、品質管理を行っています。
(熱膨張測定)
熱膨張測定
熱膨張測定


機械的性質
 
耐力
(N/mm2
引張強度
(N/mm2
伸び
(%)
規格
200以上
370以上
7以上
実測値
283
436
24.0
※1 規格値はJIS G5511 鉄系低膨張鋳造品 (球状黒鉛鋳鉄系)とする。

線膨張係数
測定方法はJIS G5511 鉄系低膨張鋳造品の測定方法に準ずる。
 
No.1
No.2
No.3
No.4
No.5
50〜100
4.54
4.61
4.50
4.48
4.62
50〜150
4.91
4.99
4.88
4.90
4.95
50〜200
5.47
5.47
5.42
5.39
5.40
※2 上記数値の単位は(×10-6/℃)
上記表の数値の50〜100℃における平均線膨張係数は4.5×10-6/℃であり、これはJIS G5511 鉄系低膨張鋳造品のFCDLE 3に相当する。(通常行っている材質データ)

熱分析データ解析

Copyright(C)2005 TOKUSYU METAL. All rights reserved.
トップページへ 特殊メタル